MENU

 

ネパールの停電

以前、旅行したヒマラヤのふもとの王国ネパール。
物価も安く旅行者には人気の国でもあります。
その首都カトマンズ市ではしばしば停電が起こってました。
どうも必要な電力に対して生産が追いついていないのが原因のようです。
まあ、これは仕方がありませんね。
でも、停電になっても不思議と市民は冷静。
停電になると「またか…」という感じで、すぐにロウソクを持ちだして、町中にロウソクがともされます。
もう完全に停電に慣れきっているようです。
見事に停電社会に適応しているわけですね。
これが日本なら、「懐中電灯はどこだったか?」なんて、少しパニックになるでしょう。
それにしてもロウソクに浮かび上がるカトマンズの市街は普段とはイメージが変わり、ちょっと幻想的でさえありました。
日本では太陽光発電が普及しているのでそんな事はあり得ないかも知れません。

ホームページ テンプレート フリー

Design by